お客様の声

すべり症と狭窄症で手術を勧められたけど・・・

「将来、車いすになりますよ。」とまで言われた主婦の方 chat

person

10年以上前に私は強い腰痛で体がくの字に曲がり、スーパーのカートにもたれるようにして買い物したり、歩くのも壁を伝って歩くほどでした。

整形外科で「すべり症と脊柱管狭窄症」と診断され、平均寿命まで生きたら車いすが必要になると言われ、手術を強く勧められました。
つらかったのですが、手術は根本治療ではない事と数年後には前後の骨に負担がかかり痛みがまた出る確率が高いと分かり、どうしても手術に踏み切れませんでした。

そんな時ワラにもすがる思いで渡辺先生のお世話になることができました。一年も経たないうちに何とか歩く姿勢も維持することができ無理をしなければ普通の生活ができるようになりました。

先生の治療は不思議でした。腰にこだわらず首・肩等体の硬い所を触りながら他の関係のない所、たとえば足とか・お腹等をほぐすとナント硬かった場所がスッと緩むんです。驚きでした。
続けることにより、全身のひずみが取れ、とっても楽になりました。

そしてもう一つ先生の所には、お尻の抜けたブランコがあり、脇と足をささえ自分の重みを利用してユラユラ腰をを自然に伸ばしていくというものですが、これが私にはとっても気持ちがよく、ひっついて縮んでいた背骨が緩んでいくような感じで、くの字に曲がった体が伸びるようでした。

私の場合は多分一生何らかの方法でフォローしなければならないと思っています。動くことが好きな私は時々先生に「治そうとして一生懸命やっているのに、本人がそんなことしているなら治るものも治らない!」と叱られ反省し、上手に体を使うことも覚えさせていただき今に至っています。

どうか先生、私より長生きして一生私の事、よろしくお願いしますheart

※施術効果には個人差があります。